鹿児島県西之表市にあります«熊毛地区消防組合»は、地域の災害情報の発信源となり、みなさまの安心・安全を守ります!

  • 平成28年度集団災害救急事故訓練
 
■令和2年出場件数
      (8月末日現在)
----------------------------------
火災件数:    48件
救急件数:      1355件
救助件数:          15件
----------------------------------
qrcode.png
http://kumage-119.jp/
モバイルサイトにアクセス!
熊毛地区消防組合
〒891-3116
鹿児島県西之表市鴨女町248番地
TEL.0997-23-0119
FAX.0997-23-4198
034008
 
   
新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』における熱中症予防行動について
 新型コロナウイルスの出現に伴い,一人ひとりが感染防止を避ける対策をこれまでに以上に取り入れた新しい生活様式を実践することが求められているなか,これからの時期は気温が高い日が続き,熱中症による健康被害が多くなります。
 今夏は,これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが,十分な感染症予防を行いながら,熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましよう。
 
   
 令和2年4月7日,熊毛地区消防組合新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました。
※住民の皆様には引続き,ニュース等の関連情報にご注意いただき,感染拡大の抑制にご協力ください。
   
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う救急隊の服装について
 
 全国において新型コロナウイルス感染症が感染拡大しています。
 当組合において,新型コロナウイルス感染症に罹患している患者さんは発生しておりませんが,感染拡大及び感染予防の観点から,発熱(37.5℃以上)及び呼吸器症状を訴える119番通報があった場合,写真のような感染防止衣を着用して救急活動を行いますが,必ずしも新型コロナウイルス感染症に感染している患者さんへ対応している訳ではありません。
 患者さんや御家族を誹謗中傷したり,近隣住民への不安を煽ったり,正確ではない情報の発信はお控えいただきますようお願い致します。
 

イベント情報

イベント情報
フォーム
 
国際緊急援助隊(JDR)医療班と合同訓練を実施!!
2017-04-07
3月24日(金)25日(土)熊毛地区消防組合西之表消防署において、国際緊急援助隊(JDR)医療班と合同訓練を実施しました。この訓練は主に、地震等で倒壊した建物から救助・救出を医療班と連携して活動することを目的とした訓練でした。訓練は、西之表消防署(26名)、JDR医療班として登録されている米盛病院医師(2名)、種子島医療センターDMAT(3名)合計31名の参加で実施されました。訓練では、倒壊した建物に取り残された人を、発見から医療班との救出プランの構築までの一連の流れをシミュレーションでき、互いの連携を強化することができました。また、国際舞台で活躍している医師と訓練ができたことは、とても貴重な経験となりました。今後も訓練を積み重ね、技術向上と医療班との連携強化を図っていきたいと考えています。
5
 

ピックアップ情報

ピックアップ情報
 
防火・防災
放火防災対策・119番通報要領など、暮らしに役立つ情報のついて、ご紹介します。 
 
講習・試験案内
各種講習・試験のご案内は、こちらからご確認ください。
 
申請書ダウンロード
各種申請書などの情報をご覧いただけます。
   
<<熊毛地区消防組合>> 〒891-3116 鹿児島県西之表市鴨女町248番地 TEL:0997-23-0119 FAX:0997-23-4198